2012年03月12日

海外生活は、とてもいい気持ち

はじめまして。ゆうすけです。

オーストラリアはシドニーからの投稿です。
数年前にワーキングホリデーという制度を利用して31歳のときにシドニーに来ました。

えっ?ちょっと待て。ワーホリって30歳までじゃないの?

と思ったそこのあなた、鋭いです。
ワーキングホリデー制度は若者を対象にした文化交流の一環であって、おっさん、おばさんを対象にしたものではないのです。
そのため、ワーキングホリデー制度を取り入れている多くの国では、入国時に30歳以下でなければなりません。
しかし、ここオーストラリアは入国時ではなく、ビザ申請時に30歳以下であればいいのです。

で、僕がそのビザを申請したのが31歳になる誕生日の3日前のこと。
そして実際にビザが下りたのは31歳と1週間が過ぎたときのことです。

ビザが下りた日から1年以内にオーストラリア国内に入国すると、入国日から1年間の滞在許可が下りることになるんです。
つまり僕の場合は32歳と1週間になる前に入国すればよかったのです。
だから来ようと思えば32歳になってからでもオーストラリアには来れたんですね。
ちなみに、ビザが下りて1年を過ぎても入国しない場合は、そのビザは無効となりますのでお気を付けください。っていうか、興味のある方は自分で調べてくださいね。

まぁそんなこんなで、僕は31歳と11ヵ月という年齢制限ぎりぎりで入国を果たしました。
当初はこんなに長居をするつもりなんてまったくなく、長期休暇を少しばかり楽しもうとやって来たんですけどねぇ。
ふと気づいてみれば、日本出国時はまだ生まれてもいなかった友人の子供がもう幼稚園に通っている次第です。
月日がたつのは早いなぁ・・・。

で、何故僕がオーストラリアに来たかというと、30歳を節目に何か新しいことにチャレンジしたくなったんですよね。
30歳の頃ってみんなそうじゃないですか?新しいことを始めたくなる年齢というか、自分に対して素直になっていく年齢というか・・・。
20代までは周りに流されながらなんとなく社会人として生活していたんですけど、30歳からはもっと自分のやりたいことをやりたいなぁと思ったんですよね。
僕はもともとしっかりした性格ではないのでそう気づくのが遅かったんですけど、自分がやっていた仕事が好きではなかったんですよ。
嫌いだったわけでも不得意だったわけでも待遇に不満があったわけでもないんですけど、決して好きと言える仕事ではありませんでした。
でも、大好きな仕事に就ける人ってそんなにいないんじゃないかな、という思いもありました。
だったら、せめて仕事以外に何か本気で好きなこと、やりたいことが欲しいなって思うようになったんですよ。
その当時は悶々としてましたね。何かやりたいけど、やいりたいことがよくわからなくて。

そんな悶々とした日々を送っていたある日、僕の部署に外国人の新入社員がやってきたんです。
その頃、僕が働いていた会社では大きな組織編成が行われていて、いくつかの部署が統合されたり新入社員が数人やってきたり、毎週のように何かが変わっていました。
彼は台湾からの人でした。日本の大学に留学をしていただけあり日本語はそれなりに堪能です。
とはいえ、ゆっくりと簡単な単語や言い回しを使わないと理解してもらえない時も多々ありました。
それにも関わらず、それまでに僕が教育を受け持った新入社員(全員日本人)の中で、僕は彼が一番優秀だと思いました。
彼は外国語というギャップを埋めるために懸命に勉強していたのです。
大きなミスをして結構辛いこともあったと思うんですけどね・・・。
僕は教育係として常に彼と一緒に行動していたのですが、今思えば僕が彼に教育されていたような気がします。

僕は彼に聞いたことがあります。

「海外で生活するってどんな感じ?」

彼は答えました。

「うーん、いい感じ。とても気持ちいい。」

そっか・・・、気持ちいいんだ・・・。

それからですね、僕が海外のことを調べるようになったのは。
ま、調べるといっても暇なときにインターネットで海外で暮らしている人のブログを斜め読みしていただけですけどね。

けれどその数ヶ月後、僕が働く部署にも大きな組織編成の波が押し寄せ、部署の統合やらオフィスの移動やら仕事内容の拡大やらが始まり、ただでさえモチベーションがどん底だった僕は本気で辞職を意識するようになっていくのでした。


↓↓↓ブログランキング参加中です。いつも読んで頂いてありがとうございます! 今日もひとクリックお願いしまーす!↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
posted by ゆうすけ at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ワーキングホリデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、
ブログの内容にとても共感しました。
飛行機で出発するときの気持ちとか、自分のときに似ていて、思いだしてしまいました。

また寄らせてもらいます
ササ
Posted by sasashu at 2012年03月18日 15:41
> ササさん、
コメントありがとうございます。
皆さん、いろいろな思いを抱えて日本をあとにされるんでしょうね。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ゆうすけ at 2012年03月18日 20:56
はじめまして。

なのですが、あとがき、からスタートしてしまいました(><)

出遅れ感をたっぷりと引きずりつつ、拝読させていただきます。

私も30過ぎてからオーストラリアに来ました。ワーホリしたかったけど、出来ませんでした。でも今はハッピーです。
Posted by austeacher at 2012年07月26日 11:18
> austeacherさん、
コメントありがとうございます。
人生遅すぎることはないんですよね。
その人にとっての「今」を大切にする人が僕は大好きです。
本当にコメントありがとうございました。
Posted by ゆうすけ at 2012年07月27日 05:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。