2012年03月29日

教養のない人


家主からの連絡を受け、僕はダニエルに付添ってもらい、部屋の下見に行きました。
そのアパートは、ダニエルの住むエリザベス・ベイからの最寄りの駅、キングスクロス駅をはさみ市街地側にありました。
駅からも遠くなく、市街中心部へも歩いていける距離です。
建物はとても古く、その外観はお世辞にもきれいとは言えませんでしたが、室内は以前にリフォームされたのか、多少のくたびれがあるものの、その便利な立地条件と比べれば全く気にならない程度のものでした。

ただ、そこはあまり治安の良い場所ではありませんでした。
その建物自体は主要道路から入ってすぐのところにあったので、そこまで危険を感じるというわけではなかったのですが、そのまま数ブロック進むと、そこには生活保護受給者向けの公営住宅がいくつも並び、昼間から何をするでもない人達が地べたに座りこんで酒盛りをしているという、そんな場所でした。
そのためか、僕が借りようとしていた部屋の家賃はだいぶ低く設定されていたのでした。

僕はダニエルに彼の意見を聞きました。
意外にも彼はその部屋を気に入ったようでした。
数ブロック先に治安の悪い地域があるとしても、そこを通ることはまずないだろうし、建物のセキュリティーもしっかりしていて、部屋も古い作りなのでとても広く、何よりこの便利な立地でこの低い家賃はとても魅力的だと言うのです。
また、家主の印象に対しても、教養はなさそうだけど人は好いと思う、と言いました。

教養・・・。

何をもってダニエルが教養があるかないかを判断しているのかはわかりませんでしたが、随分と大人の意見だなと僕は思いました。
僕はそれまで「教養」という言葉を使ったことがなかったのです。
確かに、その家主は僕と同い年と言ってはいましたが、どこか子供っぽく、身体は僕より大きかったものの、僕よりかなり年下ではないかとの印象を受けました。
ルークというその青年はとても大人しく、僕の持っていた、あの騒がしく理屈ばかりを並べて押しの強い白人男性のイメージとはかけ離れていたのでした。
彼との会話の中で知的なものは感じませんでしたが、彼の人の好さや純粋さは十分に汲みとれました。
僕は、彼もその部屋も気に入りました。
彼もまた僕を気に入ってくれたようでした。
お金のことや契約のことに関してあまり得意ではなさそうな彼は、ボンドと呼ばれる敷金の役割を果たす保証金を受け取りませんでした。
そして、少し不安を覚えるほどの簡単な口約束だけで、僕はルークから二部屋あるうちの一部屋を借りることになったのでした。

僕はようやく住む場所を確保して安堵しました。
ダニエルも、僕が条件の良い部屋を手に入れたことを喜んでくれていました。
二人は意気揚々と、僕がこれから必要とする日用品の買い出しに出かけたのでした。

食器や調理器具はルークのものを使わせてもらえることになっていたので、僕は、ベッドシーツ、枕、掛け布団、洗濯洗剤、シャンプー、ハミガキなどの個人で必要となるものをいろいろと買いました。
スーパーには洗濯洗剤ひとつとっても、僕の知らないブランドのものばかりが並んでいます。
僕はダニエルにアドバイスしてもらいながら次々にカートに入れていきました。
そのほとんどは明日から必要となるものばかりでしたので、それは必要経費として僕は値段をあまり確認せずに、だいたいこれくらいの額になるだろうな、とカートに投げ込まれていく品物を眺めながらどんぶり勘定をしていました。

しかし、いざ支払いの時になると、僕はその提示された合計金額にあと少しで悲鳴を上げるところでした。
その合計金額は僕のどんぶり勘定で出していた予想金額のおよそ3倍だったのでした。
僕はレシートを受け取ると、各品物の値段を確認していきました。
そして、物価が高いといわれる日本から来た僕は、それを上回るシドニーの物価の高さに呆然自失するのでした。

この物価の高さは予想外でした。
僕はそれまで、シャンプーのボトルやハミガキのチューブ一本を買うのに躊躇することはありませんでしたが、レシートに示されていたそれらの値段は十分に躊躇し得る金額だったのでした。
僕の所持金5,000豪ドルは、家賃を支払うことになった今、急速に減ってゆくだろうことは容易に想像できました。
自分の無計画さが再び露呈されてゆくのをひしひしと感じます。

教養とはなんなのでしょうか?

帰り道、車を運転するダニエルの横顔を助手席から盗み見しながら僕はそう自問するのでした。

↓↓↓ブログランキング参加中です。いつも読んで頂いてありがとうございます! 今日もひとクリックお願いしまーす!↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
posted by ゆうすけ at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーキングホリデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260921732

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。