2012年05月01日

言葉が通じない相手


オーストラリアへ来て3ヵ月が過ぎました。
とても内容の濃い3ヵ月間でした。
僕はその3ヵ月間で、自分を本来の自分にリセット出来たような気がしていました。

日本にいた時の僕は、自分に対してあまり素直ではなかったように思います。
思春期の頃からか僕は周囲の目に映る自分を気に始め、本来の自分を隠してゆきました。
少しでも周りからカッコいいと思われたり、出来る人と思われたりしたくて、僕は何も出来ない本来の自分を隠していったのです。
僕は大人になってからも、そんな偽物の自分を演じ続けていました。

しかし、右も左もわからず、言葉もろくに通じないこの国では、それまでに築き上げた僕の“出来る自分”は何の役にも立ちませんでした。
僕に出来ることと言えば、自分の気持ちをなんとか相手に通じさせることだけでした。
そこには計算も狡賢さもありませんでした。素直な自分をぶつけない限り、言葉が通じない相手には何も届かなかったのです。

僕はオーストラリアに来て以来、「新しい自分」を見つけたと思っていました。しかし、それはどうやら間違いだったようです。
僕は単に「本来の自分」を取り戻したのです。無知で、愚かで、頼りない、何の飾りもしない本来の自分です。

その朝、僕は久しぶりにそのカフェで朝食を摂りました。僕がオーストラリアに来た次の日の朝に訪れたカフェです。
オーストラリアに来たばかりの僕にとても親切にしてくれた若い店員さんは、あの日と同じようにそこで働いていました。
僕のオーストラリアでの生活はここからスタートしたように思えます。
僕のことなどもう覚えてはいないでしょう、店員さんは僕から注文をとると、すぐにテーブルを離れ、カウンターの奥にある厨房へオーダーを伝えにゆきました。
その店員さんにとっては単なる日常の一日であっても、僕にとってのあの日はとても思い出深い一日でした。
その店員さんにとっての僕は単なる客の一人であっても、僕にとってのその店員さんは、僕を助けてくれた恩人でした。
僕は朝食を待つ間、そんなことを考えながら店内を感慨深く見渡していました。

朝食を運んできた店員さんに、僕はあの日のことを話すべきかどうか悩みましたが、僕は思いとどまりました。
僕は、その店員さんと僕の間にある、あの日のとらえ方のギャップを楽しんでいたのです。

僕は朝食を済ませ、カウンターで会計を頼みました。
渡られた伝票に目を通すと、コーヒーのところに赤くバツ印が付けられていてました。
どうやらコーヒー代が引かれているようなのです。
僕は解せないまま、朝食代だけの支払いをしました。
そして、お釣りを僕に渡す際に、その店員さんがコーヒー代の説明をしてくれたのでした。

ごめんなさい。実はこの前、間違えてコーヒー代を二重に請求してしまって・・・。
シドニーに来たばかりの君にたいへん申し分けなく思っていて・・・。
僕もここで働き出したばかりで・・・。
それから、君が来るのをずっと待っていて・・・、でも、君は来なくて・・・。

申し訳なさそうに謝るその店員さんを見て、僕は何故だか心が温まるのでした。
理由はどうであれ、彼は僕とあの日のことを覚えていてくれたのです。

ぜんぜん気付かなかった。黙ってればよかったのに。でも、ありがとう。

そう言う僕に、彼はほっとしたようでした。

僕は、彼に助けてもらったあの日のことを改めて彼に感謝しました。
僕にいろいろとシドニーのことについて教えてくれたことを彼も覚えていくれたようでした。
僕に感謝をされ、照れながらも誇らしげに笑顔を作る彼はとても印象的なのでした。

カフェを後にした僕は、とても清々しい思いでした。
その若い店員さんはとても親切でした。彼は自分の行った親切を誇りに思っているようでした。
それでも、決して傲慢ではなく、感謝をされると照れるほどに清い心の持ち主でした。
あの日、彼は片言の英語を話す僕の行間を読み取って僕に親切にしてくれました。
僕が素直な自分を人にぶつけることが好きになったのは、そんな彼の親切のお陰かも知れません。

僕はそれからもたびたびそのカフェを訪れては、オーストラリアに来たばかりの自分を思い出すのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
posted by ゆうすけ at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ワーキングホリデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね!そんな何ヶ月も前のこと覚えてくれるなんて。シドニーがだんだんとゆうすけさんの町になっていく様がつたわってきて楽しいです。
更新楽しみにしています。
Posted by at 2012年05月01日 20:38
> 結さん、
コメントありがとうございます。
その店員さんもそのカフェで働き出したばかりだったので覚えていてくれたようです。
それにしても、人に自分のことを覚えていて貰えるのは、なんだか嬉しいものですね。
これからもよろしくお願いします。
Posted by ゆうすけ at 2012年05月01日 21:31
ゆうすけさん

はじめまして
初めてコメント書かせて頂きます!

ブログをいつも楽しみにしております

ゆうすけさんの、様々な人との関わり方から心の変化が見られて、読んでいる私もドキドキしながら読んでいます


これからも更新楽しみにしていますね!
頑張ってください
Posted by エリ at 2012年05月01日 22:23
> エリさん、
コメントありがとうございます。
初めてのコメント、本当に嬉しいです。
これからもコメント下さいね。
よろしくお願いします。
Posted by ゆうすけ at 2012年05月02日 06:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。