2012年05月10日

海外に出て生活感が得られない人


クリスマスが過ぎるとすぐに大晦日がやってきました。やはり真夏のシドニーの年末は、ちっとも僕を年末の気分にさせません。
南半球の季節に慣れていない僕は、まだ7月くらいの気分でいたのでした。
また、その年はいろいろなことが僕の内と外で起こっていたので、いつもの一年間よりも長い一年間であったようにも僕は感じていたのかも知れません。

ゆうすけ、悪いんだけど、棚にあるシャンパングラスを全部洗っといてもらってもいい?
今日は3時には帰ってこれると思う。そしたら買い出しに行くから家にいてくれよ。

大晦日の朝、ダニエルはそう僕に言って仕事に出かけました。
その夜、僕らはホームパーティを開くことにしていて、15人ほどの友人らを招待していたのです。
僕らの住むマンションの屋上は解放されていて、そこからはオペラハウスやハーバーブリッジが一望出来ました。
新年の花火大会を見物するには絶好の場所なのでした。
それまでに誰かの家で開かれるホームパーティへ行くことは何度かありましたが、自分が主催者となってパーティを開くことはまだ一度もなかったので、僕は何をすれば良いのか分らず、ダニエルに指示されるままシャンパングラスを洗ったり、部屋を片付けたりしていました。
日頃からきれいに使っていたとはいえ、大勢の人を招待するとなると小さな汚れも気になるものです。僕は年末の大掃除のつもりでキッチンと水回りを中心に徹底的に掃除をしました。
自分の住む場所をこんなに掃除したのは生まれて初めてのような気がします。

げっ、なんか知らない人の家みたいになったね・・・。

2時過ぎに戻ったダニエルが、驚きながら部屋を見渡します。
それもそのはずです。僕は、それまでキッチンに出しっ放しにされていた洗剤やスポンジの他、トースターや炊飯器を棚に隠しただけではなく、風呂場のシャンプーや石鹸もシンクの下に放り込み、この部屋から一切の生活感を取り除いてしまっていたのです。
自慢気な顔をする僕に、やりすぎだってば、と言いいながらも、そのモデルルームのようになってしまった部屋にダニエルも満足しているようでした。

7時を回ると続々と招待客が現れました。
花火は9時と12時との2回打ち上げられるそうで、それまでの時間を部屋でおしゃべりをしながら過ごしました。
招待客全員のグラスの具合を見て、常に飲み物がグラスに入っているかに注意を払うのがホストの役目らしく、ダニエルはワインボトルを持って、ひっきりなしに招待客らのグラスにワインを注いで歩いて回っていました。
僕もおつまみを絶やさぬようチーズやクラッカーなどをプレートの上に足し続け、また、一人で会話からはぐれてしまっている人を見つけると声をかけて、その人の話し相手にもなりました。
パーティの主催者というものは休む暇もなく疲れるものなのでした。

9時近くになると一度みんなで屋上に上がり、9時の花火を観ました。
5分間ほどだったでしょうか。12時の本番の花火の前説のような感じで、観ている人達もそれほど期待を込めて観ているようではありませんでした。
屋上からは近くの公園に人だかりが見えました。
ダニエルによると、眺めのよい場所は朝の早いうちから陣取り合戦が行われているのだそうです。
新年の花火を観るためにたくさんの人達がシドニーに集まっているようでした。

僕らは一度部屋に戻り、12時に打ち上げられる花火を待ちます。
11時を過ぎると、他の家のパーティにも顔を出していた友人らも到着しました。
普段は2人だけしかいない部屋が大人数で埋め尽くされました。みんなは騒ぎ寛ぎ、そして大きな笑顔を作っていて、それは僕を喜ばせました。僕は他人の開くパーティに訪れる時とは違う、主催者ならではの人をもてなす楽しさを味わっていたのでした。

いよいよ12時近くになり、僕らはシャンパングラスを持って屋上に上がりました。
間もなくしてハーバーブリッジの中央に付けられた電光掲示板が点滅し、橋の横にはカウントダウンの数字が浮かびあがりました。

10、9、8、7、6、5、4、3、2、1!! ハッピーニューイヤー!!

全員で声を合わせてそう叫ぶと、たくさんの花火が打ち上げられ始めました。
ハーバーブリッジの上からも、市街地のビルの屋上からも、シドニー湾を挟んだ向こう側の岸からも花火は打ち上げられます。
後ろを振り向くと、丘の向こうにあるボンダイビーチから打ち上げられている花火も見えました。
花火は休むことなく打ち上げられ続けます。た〜ま〜や〜などと呑気な掛け声はかけていられないほどの勢いです。

ゆうすけ、明けましておめでとう。今年の抱負はもう決めた?

自分のグラスをチンと鳴らして僕のグラスに合わせると、ダニエルはそう僕に聞きました。
僕は既にその年の抱負を決めていました。

モデルルームのような生活はもうやめること。

僕はオーストラリアに来て以来、ずっと生活感のない生活をしていました。
それは気持ちの問題だったのですが、僕のオーストラリアでの生活には生活臭がなかったのです。
最初、僕はそれをオーストラリアに来てまだ日が浅いせいだと思っていました。けれど、それは誤りだったようなのでした。
僕は自分の気持ちをきれいに片付け過ぎてしまっていたようなのです。
僕はルークと一緒に住んでいたあの部屋も、ダニエルと一緒に住むこの部屋も、自分の部屋とは思いきれないところがありました。
海外でのほんの一時の仮住まい。僕はそう思って住んでいたのでした。
クリスマスの日に垣間見た、僕を取り囲むあの国境を取り除いてしまいたい、僕はそう思い始めていました。
招待されるばかりのパーティーに出席するよりも、もっとパーティーを主催したい、僕はそう思い始めていたのでした。

仕事を探して、もう少しオーストラリアに残ろうと思う。

僕はダニエルにそう答えました。
あたかも知っていたとでも言うようにダニエルが小さく頷きました。

花火はクライマックスを向かえ、大量の花火が一気に打ち上げられます。
その壮絶な眺めに目を奪われながらも、僕は決心しつつありました。

今年もまた長くなりそうだなぁ。

僕はそう思いました。
前年にも増して何やらいろいろと起こりそうな気がします。
僕は自分の人生の主催者です。主催者というものは本当に疲れるものなのです。
けれど、主催者にしか分らない楽しさがあることを僕は既に知っていて、それを辞めることはもう僕には出来ないのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村
posted by ゆうすけ at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーキングホリデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当の老婆の老婆心から......「しっきりなし」じゃなくて「ひっきりなし」...御免!ゆうすけサン、「ヒこうき」が「シこうき」になるわたしの母は、シャキシャキの純生江戸っ子ですので、チョイト気にナリンシテ。
Posted by midmark at 2012年05月10日 16:35
> Midmarkさん、
はははは、本当だ。ひっきりなしですね。
書いてる時も何かしっくりこなかった単語で、使うのやめようかなって思っていたくらいでした。
これですっきりしました。
いつもお読み頂きありがとうございます。
早速、ひっきりなしに直しておきます。
Posted by ゆうすけ at 2012年05月10日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。